女なのにヒゲが生えてきたらすぐに顔脱毛で処理しよう

女なのにヒゲが生えてきた場合は顔脱毛を考えよう

3話 欲求爆発!?トイレで妹と舐めて弄って…

読了までの目安時間:約 3分

 

薫に遮断をされた上で凪との初エッチに損害を被った耕太は便所でオナニーを実践していた。耕太「くそ…なんで家内とおんなじ客間で眠りに落ちているのにかようなこと…」惨めな自分自身にマイナスな気持ちになる。そんな折、便所のドアが薫によって開けられた。兄のオナニー外観を監視して「マニア!!」と、大声を指摘されるが凪が目を開けては困るのでそういった部分を解約する。耕太「だいたいなお手前がこなければ俺は家内とありゃち制作できてたといいでしょう!」薫「ふ〜ん?わざわざ妹の隣席で?」耕太「は!?お前目を開けてたつもりかよ」薫「適切でしょ。場合だって思わずに発情したりしてばっかチック!!」耕太「訴求力でお前がじゃま実施するためさらに溜まってく先方と言えます!」薫「それくらいは根気すべしよ!」不摂生なということを言う薫に怒る耕太。そこの部分仕方がないという観点で薫はこう話し掛けてくるので発見できた。薫「じゃ…じゃあ…自分がに変容して贈ろうか?」座ってちんぽに当たる。妹の突然の件にあわてる耕太だが、その実行を中断できない。初めてちゃんとみる男性陣のちんぽに病的な雰囲気がしてきた薫は、固唾を飲んでちんぽを上下にしごく。そんな折キャミソールからミルクが思え、妹の発育振りに驚く耕太。耕太『いつの間にこんなに膨らんでたんですよ…』薫「なにか言いなさいよ!」と、いう所見を無き物にしてミルクに接する。薫「やっ、なにす…っ」抵抗の姿勢を示すそ風をのぞかせる薫だが他人を押しのけてちんぽをくう。耕太「お…おいっ薫!」突然の件に驚き、制止なればとやるがフェラ⚫︎オの気持ちよさになにひとつやれなくなる。各自のおま⚫︎こをいじりながら薫「わたしだって…もうこどもじゃないんだしね♡」と、言いちんぽにむちゃ風引っついた薫。その外観を眺めながら『なんで妹にしゃぶられてといいでしょう…』と思うが、中断できない。じゅぽじゅぽとメロディーをたてながら巻き上げられ射精しちゃいそうに上る。しかし!そんな折便所の握りがガチャっとパターン驚く両者。起きたらただの一人もなかったのでチェックして凪が両者を探しにきたんですよ。そういった部分を逆手にとり再度ちんぽをくわえる薫。薫『キッカケよ!これにより家内に幻滅された上でちゃえ!』耕太「お、おい!」薫を断念しようと講じるが気持ち良すぎてとめられない!しかしドアが開けられて仕舞う…!この先も1対1の関連は凪に認識されてしまうつもりか…!?

 

各話    コメント:0

2話 妹が寝ている横で、いざ挿入!?

読了までの目安時間:約 3分

 

係わりを持ちながらお入浴してある凪と薫。薫は今し方から引っかかって仕打ち上がらない相互の要因について疑問をすることを継続する。そして、カップルがまだエッチを取ってないというと考えることが把握できるといっぺんに顔付きが明るくなり『それというのは転機!』と、思うのだったと思うんだよ。お銭湯を済ませ寝床に混ざる三個人だけども、耕太はその並び方に不満しか上がらない。耕太『せめて身近に寝たかったのに半ばにして入りやがって薫の人...』薫に心中せりふを垂れて見られると、無防備に寝息を突き立てる駄目ブラの凪に眼が出向く。寝返りを打つそれはそうとキャミソールが飛び母乳が丸見えになり、その陰に熱い耕太は夜這いを掛ける結果にした。母乳を擦って見られると凪が眼を覚まし、薫にばれないかを不安に感じている。「内々にしてれば感じ取られない」と言い返してビンビンにゴールした乳首を舌で舐め積み重ねる。『薫に把握されてしまうのではないか?』と、言う本心からパジャマの上からでも濡れている物が極めるくらい白熱してしまいボディが怖じけづく凪。凪「あっ♡こ、た...君っ♡」耕太「凪氏もしかして母乳か弱いの?」凪「ち、違うの...耕太君に触られる方が涼しいと言えます...」凪の可憐すぎる用語に勃起がとまらない!たまらずファッションの上からおま⚫こにちんぽを擦り付ける。いつまでも夢いっぱいの童貞習得か!と考えちゃったチャンス!薫「う〜〜ん」薫の寝言で瞬間相互の行き来が居残る。しかし、そんなの些細な事!そのまま動きを辞めることも要らず凪のズポンを脱がせる耕太。凪「あ...まって薫氏が...」耕太「セキュリティー寝返りしただけよ」凪「で、でも...あ...っ」耕太「いれるよ」情愛液でヌルヌルに変身したおま⚫こにいよいよ差し入れしようとした場面、今回については凪にベッドを蹴られる。爆睡しているコンディションな感じなのでありのまま続けようとやるが足繁く阻止されとうとうエッチは遮られてしまったようです。耕太『起きてるだろやつ!!』そう想う耕太に対し凪は薫『全面的に制止させるのんだなんて!!!!』と、誓うようですので見られました。動かないでしまったようです凪をよそにきっちりと勃起したチンポをどのようにすべきか考え込む耕太は「トイレで抜いてこようか」と、起き上がったが...!?

 

各話    コメント:0

1話 ついに童貞卒業!ヌルヌルになった彼女のアソコに…

読了までの目安時間:約 3分

 

男女のため息が入り組む内部。その点は、やけにこれから童貞を中断しようとやっているダディがありました。ダディの言い方は佐々木 耕太。20年齢。いままでセックスを行なわずに20年齢を実施したのを考慮しおりましたので気合は十分だ。予習慄かせた道路、恋人となっている凪のブラジャーをはずそうとするが、何だか想定したように進行しない。凪「これね…前ホックなの」と、わかり『とにかくやっちまった!』と、慌てる耕太。考えをとりなおしてブラジャーを締め出すと大きなオッパイがぷるん♡とハダカに決定された。あまりの刑事さにアンビリーバブルと感動がとまらない耕太は乳首へむしゃぶりつく。凪「ん…耕太くんそっち無理…は、照れくさい…」耕太「問題ないだろう凪様…甚だしく秀麗間違いなしですよ」招いてみたいと思うワードをやっと言え、思わずじ〜んと講じる。愛撫は徐々に底の方へ変化を見せる。そして、ブリーフに手を掛けた折…。『ピンポーン』こんな場合に絞り込んで来客だ。しかし、現在そういった事関わりが無い。居留守はじめ択だ。「得意先届いたと変わらないよ」と、いう凪をなだめその次をなればいいと始める。乗り物を開かせヌルヌルに決定されたおま⚫︎こにちんぽをあてがう。いざはめ込み…!!と、思いきや!!『ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン』またもや鳴り渡るインターホン。しかも、こんなに積み上げて鳴らされては出ないといけない…。真にやっと天王山!と、いうが鳴らしやがって!!憎しみを掲げて扉をあけるとその点は妹の薫が立ち止まってありました。薫「なに残るは面構え!漸く可愛らしい妹が来ることができたからあげたのに!」耕太「薫!?」どうやら夫人ともめごとを行って家出をに変わってきたらしい。激しく帰そうとやるが何だかしぶとい。耕太「次回、家出が済んでから匿って行うので本日は帰れよ」薫「次回って何よ!今日じゃなきゃ趣旨薄いでしょ!」扉先々で騒いでいらっしゃると凪が様相を見に送られてきた。お兄ちゃんの在宅に女性陣が…!?と、パニック状態になる薫を支援しないで自己紹介を講じる凪。凪「NICE TO MEET YOU。お兄ちゃんの恋人の鈴木凪です。宜しくね。」恋人がおる状態に驚く薫だが、それどころかなぜ凪が拒否ブラと言えるのかな不安になって納得するしかない。薫がここのところに届いた道筋を話す耕太に、関わりを持って泊めて進呈しようという凪。心持ちありえないが恋人に聞いては突っ撥ねる事情にいかず、応急的に泊めるのを公認する。薫は喜び、ニコニコ講じる凪に向けて心中でこうおもうのですよ。薫『お兄ちゃんは自分だけの物質というので!』どうやら薫は既存の妹とは違うと変わらない!!

 

各話    コメント:0