女なのにヒゲが生えてきたらすぐに顔脱毛で処理しよう

女なのにヒゲが生えてきた場合は顔脱毛を考えよう

2話 妹が寝ている横で、いざ挿入!?

読了までの目安時間:約 3分

 

係わりを持ちながらお入浴してある凪と薫。薫は今し方から引っかかって仕打ち上がらない相互の要因について疑問をすることを継続する。そして、カップルがまだエッチを取ってないというと考えることが把握できるといっぺんに顔付きが明るくなり『それというのは転機!』と、思うのだったと思うんだよ。お銭湯を済ませ寝床に混ざる三個人だけども、耕太はその並び方に不満しか上がらない。耕太『せめて身近に寝たかったのに半ばにして入りやがって薫の人...』薫に心中せりふを垂れて見られると、無防備に寝息を突き立てる駄目ブラの凪に眼が出向く。寝返りを打つそれはそうとキャミソールが飛び母乳が丸見えになり、その陰に熱い耕太は夜這いを掛ける結果にした。母乳を擦って見られると凪が眼を覚まし、薫にばれないかを不安に感じている。「内々にしてれば感じ取られない」と言い返してビンビンにゴールした乳首を舌で舐め積み重ねる。『薫に把握されてしまうのではないか?』と、言う本心からパジャマの上からでも濡れている物が極めるくらい白熱してしまいボディが怖じけづく凪。凪「あっ♡こ、た...君っ♡」耕太「凪氏もしかして母乳か弱いの?」凪「ち、違うの...耕太君に触られる方が涼しいと言えます...」凪の可憐すぎる用語に勃起がとまらない!たまらずファッションの上からおま⚫こにちんぽを擦り付ける。いつまでも夢いっぱいの童貞習得か!と考えちゃったチャンス!薫「う〜〜ん」薫の寝言で瞬間相互の行き来が居残る。しかし、そんなの些細な事!そのまま動きを辞めることも要らず凪のズポンを脱がせる耕太。凪「あ...まって薫氏が...」耕太「セキュリティー寝返りしただけよ」凪「で、でも...あ...っ」耕太「いれるよ」情愛液でヌルヌルに変身したおま⚫こにいよいよ差し入れしようとした場面、今回については凪にベッドを蹴られる。爆睡しているコンディションな感じなのでありのまま続けようとやるが足繁く阻止されとうとうエッチは遮られてしまったようです。耕太『起きてるだろやつ!!』そう想う耕太に対し凪は薫『全面的に制止させるのんだなんて!!!!』と、誓うようですので見られました。動かないでしまったようです凪をよそにきっちりと勃起したチンポをどのようにすべきか考え込む耕太は「トイレで抜いてこようか」と、起き上がったが...!?

 

各話    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: